にほんブログ村 にほんブログ村へ にほんブログ村 インテリアブログへ

こんにちは~(∩´∀`)∩

今日はまた間が空いてしまいましたが・・・

注文住宅のエピソードです。

何回かに分けて土地探しの回想録を

書いてきましたが、今日は最終的に

決めた土地について書きます。

今住んでいる家の土地ですが、今思えば

「よく家が建てられたな~!」と思うほど

問題のある土地でした。

土地探し回想録(1)はこちら▽

 

土地探し回想録(2)はこちら▽


土地探し回想録(3)はこちら▽


(*6年前に完成した注文住宅の
回想録としてシリーズで投稿
しています。)

*************
◆土地探し最終結論
but問題ありすぎ。

DSC06749_R - コピー - コピー (2)

注文住宅の土地探しに明け暮れる事

約1年半経過・・・前回までのエピソード

でも書きましたが、本当に心が折れて

「もう無理だ。諦めた方がいいのかな?」

とかなり病んだ状態になっていました。

そんな状態だったけど、一応毎日土地情報は

ネットで見てはいましたが、もはや目新しい

情報もありませんでした。

そんな時にやけくそになって、検索条件を

変えて今まで除外していたものも固定概念を

捨てて、改めて見直してみました。

そして目にとまった1つの物件・・・

土地-1

こんな超変形地。

はい、これが今住んでいる土地です。

前面道路も車は通れるけど、超狭い。

しかも建蔽率も低いから大きな家は

そもそも建てられない。

そしてなにより空き家の古家がある

土地でした!だから相場よりかなり

安かったけど、それにはもちろん色々な

事情がありました。

ただひとつ、土地の場所がすごく気に入って

住みたいと思っていたエリアでした。

人気のエリアなのに、何年も売れていない

土地だったので不思議だったのですが、

知れば知るほど誰も手だししなかった理由が

わかってきました。

古家ありという理由だけでなくもっと

難ありの問題がありました。

***********

◆トラブルになりがちな共有塀!

土地-1 - コピー

一番の問題は古家よりも古い「共有ブロック」

があったことです!しかもイラストの赤い部分

全部高さのある共有塀でした。

ブルーの部分もブロック塀がありましたが、

そちらは共有物ではありませんでした。

なぜ共有ブロックが問題かというと、

土地の境界杭が共有ブロックの上に

あるからです。

だからお隣さんの了解もないと撤去

できないのです。

しかも隣家①と隣家②の部分に古い共有

ブロック塀があったため2軒の了解を

得ないと塀が壊せないのです!!

非常に問題がある土地でした。面倒なので

誰も手だししなかったのです。

しかも古い家もあるし。。。

でもそんな土地しかもう私たちには

買えなかった。それでもそのエリアの環境の

よさが好きでこの場所に住みたいと思い、

話を進めてみることにしました。

***********

◆最終的にどう解決していったか?

今思えば一番苦労しました。

まず初めてお会いする隣家の方2軒に直接

交渉してみることにしたのです。

かなり勇気がいりました。(*´Д`)

「共有塀」についてどう思っているのか?

その時は古家は1年程空き家状態で住んでいない

家との間に古い共有塀がある状態でした。

そして、奇跡は起きました。

2軒とも本当にいい方で、ちょうどその2軒の

お隣さん同士は仲良しで同時に話し合いを

することが出来ました。

お隣さんは古い空き家との高さのある古い

共有塀に悩まされていたそうで、地震で倒れてきたら

怖いから撤去したいと思っていたそう。

だけど空き家で誰に話したらいいのかもわからず

交渉も出来ない状態で困っていたそうです。

だから話をした時にむしろ喜んでくれました。

「ウチも撤去したかった」と。で、問題は撤去費用

だったのですが、折半でそれぞれの土地の長さ分で

出し合うということで話がつきました。

その後業者に依頼したりその連絡でのやりとりも

何度かした結果半年後くらいにやっと古い共有

ブロックを撤去することができました。

不動産屋さんも工務店もかなり驚いていました。

「よく話がまとまりましたね~!

普通は撤去費用とかでトラブルになりがちなので、

奇跡ですよ!」

と言っていました。

正直お隣さん次第というか本当にいい方たち

だったのが奇跡でした。そしてその隣家さん

たちの家の横に家を建てたいと本当に思いました。

家を建てる前に隣家の方とお話できたのはむしろ

良かったのかもしれません。

お隣さんは古家の空き家が火事にならないかと

心配していたので、むしろ私たちが古家を壊して

家を建てる予定だと話したら喜んでいました。

それを聞いて本当にほっとしました。

古家取り壊し⇒共有ブロック塀撤去⇒更地

ここまで至るまで半年以上かかりました。((+_+))

小さな変形地だったけど、更地になった

土地をみて泣きそうなくらい嬉しかったのを

思い出します。その後も地盤改良やらも

必要で結局更地を準備して注文住宅を

依頼出来る状態になるまでにトータル

約3年は経過していました。。。

それから実はここの土地を買うと決めて

所有者と交渉した時も少しトラブルがあり

一旦は「土地を売らない。一円も安く出来ない」

と断わりかけられたりもしたのです(´Д⊂)

これはかなり辛かった。

その土地の契約の交渉だけでも数か月

かかっています。

それから古家の撤去費用とか家のローン

との契約とか色々悩ましい問題が山積みでした。

(その辺は長くなるから別途かな・・・)

もう二度と行動を起こせないだろうな・・・

ということをやったのでした。。。

本当によくやった。今思い出すだけで

「家よく建てられたな~」です。笑

だから家を建てる前までが一番

大変だったのかもしれません。

なんでこんなに心が折れていたのに、

行動起こせたのかな・・・っていうのは

やっぱり決めた工務店に家を

依頼したかったからかなと思います。

結論からすると、色々理想通りには

ならなかった部分が沢山あるけど、

住んでいる今、この場所を選んだことは

後悔はしていないし、

よかったと思っています。



読んだよ~のしるしに
画像ポチっとするんだワン

 にほんブログ村 にほんブログ村へ   

人気ブログカテゴリーはこちらから▽


にほんブログ村 インテリアブログへ

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


にほんブログ村へ 戻る。
人気ブログランキングへ 戻る。

LINE読者登録はこちらから▽


沢山のご登録ありがとうございます
更新の励みになります
今日もご訪問頂き本当に感謝です(∩´∀`)∩


leafの楽天Room も更新中。


関連記事合わせてどうぞ

2階リビングの引っ越し時の注意点▽


狭いリビングが広く見える奇跡の間取り▽

知人宅ローコスト住宅訪問記▽


10年後も好きな家 家時間が好きになる「家事貯金」&北欧インテリア - にほんブログ村