にほんブログ村 にほんブログ村へ にほんブログ村 インテリアブログへ

こんにちは~(∩´∀`)∩

今日は注文住宅の土地探しの

回想録(2)です。

土地探し回想録(1)はこちら▽

 

今回は注文住宅の土地をさがしていている時に

出会った難ありの土地の面白エピソードを

たっぷりお届けします。笑


(*6年前に完成した注文住宅の
回想録としてシリーズで投稿
しています。)

*************

◆どうやって土地を探したか?

土地探し回想録2

まず、どのようにして私たちが

注文住宅の土地を探したかですが、

なんの知識もないので、まずは、

不動産に詳しい知人に色々相談してみました。

(その方は賃貸住宅のオーナーを

していて不動産に詳しい)

で、その知人の方と取引のある大手不動産

会社を紹介してもらいまずは不動産屋さんに

出向いて希望条件などを伝え該当するものが

あれば連絡もらえるようにお願いしました。

でも後々わかってきましたが、不動産屋って

かなり忙しいらしく、そんなに親切では

ありませんでした。一応いくつか最初はおすすめを

教えてくれましたが、ほぼ条件に合わない土地でした。

2つくらいはまあまあよさそうなものを

紹介してくれたので、実際見に行ったけど、

100%納得できる条件ではやはりなかったので、

迷って保留にしている間に即完売してしまいました。

後でその条件よりもいい土地がほとんど見つからない

現実がわかったので後悔したけど、

手遅れでした。自分達の判断で土地を買う

ということはかなり勇気がいります。

だから中々すぐに決断できませんでした。

後々探している間にわかってきたことですが、

少しでもいい土地で買えそうな価格の土地は

瞬殺で完売してしまいます。

最初にお願いした不動産屋さんも私たちが

中々納得しないし、予算も少ないお客だったので

情報も教えてくれなくなりました。笑

だからしかたなく自分達でネットの土地情報を

毎日検索してよさそうな土地の候補を毎週探して

ストックしておいて休日に自分達で実際見に行って

確認する、と何度となく繰り返していました。

毎週ドライブ状態でした。。。

***********

◆土地探しは驚きの連続!


土地探し回想録2-2

1年程土地を検索して候補を探すを

毎日繰り返していましたが、よさそう・・・

と思って土地を実際見に行くと

「うわ、これはダメだ」という土地が

ほとんどでした。

よさそうな条件なのに売れていない理由が

実際行くとすぐにわかりました。

それは色々ですが、たとえば激しい崖の横の土地

とか、がっつりお墓に囲まれた薄暗い土地とか、

(そこは霊感とかなくて気にしない私たちで

さえいや~な重い空気を感じて即やめました)、

土地の目の前の道路がジェットコースターか、

というような急こう配の道路とか、

過去に水害で浸水した地域とか、

瑕疵物件とか(火事とか事件があった土地)、

活断層の上の土地とか、車が入れない旗竿地とか、

横がゴミ屋敷とか、建蔽率が少なすぎるとか、

再建築不可とかとにかく色々でした。

今思えば毎週ある意味楽しかった。

「今度はどんな難ありの土地だろうね~」と

もはやそれが当たり前みたいになっていました。

***********

◆なぜそんな土地しか
選べなかったのか?


土地探し回想録2-3

それはもう

土地の予算が少なすぎるから。

これにつきます。

いい土地がない、とさっきから言っていますが、

はっきり言ってお金を出せばいくらでも

いい土地は買えます。

もうそれだけなんです。

だけど土地にお金を使ってしまうと

思うような自由設計の注文住宅なんて

建てられません。だからプラス100万だせば

この土地買えると思っても簡単に追加

することはできませんでした。

夫に「もう少し土地の予算見直さない?」と

提案しましたが、夫の方が頑として譲らず、

予算を守って探していました。

不動産は額が大きいのでだんだん価格に対して

麻痺してきてしまうけど、冷静に考えたら

簡単に100万~200万なんて追加で

出せませんでした。

だから1年後には土地の見方にも慣れてきて、

土地探しの知識も必然的に備わってきて、

難ありの土地ありきで予算内でなんとか

探していたのでした。笑

***********

◆土地を探しているうちに
気が付いたこと


土地探し回想録2-4

あくまで私たちの住んでいる地域の土地でですが、

土地は建築条件付きがほとんどということ。

建築条件付きというのは決められた建築会社で

建てるのを条件に購入出来るという土地です。

いい土地は建築会社やハウスメーカーに

押さえられてしまっているのです。

交渉すれば建築条件を外せる可能性もありますが、

その代わり追加料金が必要です。

なんの建築条件もない土地はほぼ難ありか

よさそうなものは即完売してしまうのが現実でした。

あと、私たちの住んでいる地域はエリアで

はっきり土地の相場が決まっていて、

・浸水地域、活断層、埋め立て地 土地価格が低い

それ以外の安全そうな土地は高額でとても

買える値段ではありませんでした。

でも震災があった後だったので、みんな敏感で

やはり売れ残っているのは災害にあう可能性の

ある土地ばかりでした。

それはさすがに中々購入は難しく、

だから全然見つかりませんでした。

私たちの低予算で不動産屋に条件を伝えると

ほぼ100%「お客さんの条件だと、

そのエリアではありませんね~」と言われて

相手にもしてもらえませんでした。

不動産屋さんはお金を持っているお客しか

はっきり言って相手にしてくれません。

(自分達もノルマがあるから)

***********

土地探しは
それでもまだまだ続く。。。


土地探し1-つづく

もはやここまでくるとほぼ諦めが先に

きていて嫌になっていました。

そんな時に私たちが困っているのを見て

身内が土地を紹介してくれたのです!

1年後にやっと希望が持てました。


が!!!

それも色々あり・・・笑

長くなったので
つづく!!



読んだよ~のしるしに
画像ポチっとするんだワン

 にほんブログ村 にほんブログ村へ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  

人気ブログカテゴリーはこちらから▽


にほんブログ村 インテリアブログへ

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


にほんブログ村へ 戻る。
人気ブログランキングへ 戻る。

LINE読者登録はこちらから▽


沢山のご登録ありがとうございます
更新の励みになります
今日もご訪問頂き本当に感謝です(∩´∀`)∩


leafの楽天Room も更新中。


関連記事合わせてどうぞ

2階リビングの引っ越し時の注意点▽


狭いリビングが広く見える奇跡の間取り▽

知人宅ローコスト住宅訪問記▽


10年後も好きな家 家時間が好きになる「家事貯金」&北欧インテリア - にほんブログ村